診療科紹介 (診療部門)

診療科紹介 (診療部門)

胃腸科

特色

 当科は主に食道・胃・十二指腸・大腸の消化管疾患を対象に診療しています。
 消化器疾患の早期発見は内視鏡検査を基本とし、臨床画像センター内視鏡部門において上部消化管内視鏡検査を年間約7,000例、下部消化管内視鏡検査を年間約1,000例ほど行っています。
 消化器がんの内視鏡診断と、食道、胃、大腸のがん、腺腫、ポリープの内視鏡切除などを積極的に行っています。消化管出血の緊急内視鏡止血処置などの治療は外科と連携して対応しています。
 胃・十二指腸潰瘍および胃がんの原因となるヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対する診断(要内視鏡)と、除菌治療も行っています。
 なお、通常の経口内視鏡が苦手な方のために、経鼻内視鏡にも対応しています。