診療科紹介 (診療部門)

診療科紹介 (診療部門)

小児科

科の紹介

イラスト こどもは健康で元気であることがなによりです。その健康を守るのはご両親であり家族の人たちです。しかしこどもが病気になったときは、自分が健康を害したとき以上にまわりの方たちは辛いものです。当院では、こどもだけでなくご両親や周囲の人たちの支えとなり、こどもの健康を守ることが私たち小児科としての専門の仕事と考えております。
 しかしながらとても難しい病気の場合もあります。さいわいにも県内には「信州大学医学部付属病院小児科」「長野県立こども病院」という2ヶ所の高度先端医療施設があり、ほぼすべての難しい病気に対応可能です。その難しい病気の場合でも、私どもはまずは初期の迅速な対応と診断を大切にしこの2ヶ所の病院と連携を保ち常にどのような病気のこどもにも元気になっていただくよう努力しております。
 こどもをみる(見る、診る、看る、観る)ことができるのが小児科の専門であると考えております。

特色

イラスト当科は主に小諸北佐久地域の小児1次2次医療機関として長年貢献しております。
こどもの病気の多くは感染症ですが、当科では全ての感染症に対応し、早期の正確な診断を大切にして治療を行うとともに、感染予防に関しても最大限努力しております。
専門領域として小児血液疾患・アレルギー疾患・循環器疾患・内分泌疾患の4領域を信州大学小児科専門医師(非常勤)や長野県立こども病院と協力・連携して治療に当たっております。
一方、周産期・新生児医療では、小児科医も参加する安全な出産をめざし、長野県立こども病院新生児科から高度新生児医療機関として認定され、新生児医療にも力を入れております。

スタッフ紹介