診療科紹介 (診療部門)

診療科紹介 (診療部門)

外科

診療内容

 

イラスト

当科では、胸部外科(肺の病気)、消化器外科(胃、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓の病気)、肛門科、乳腺外科、血管外科、小児外科と広い範囲の疾患を扱っています。消化器に力を入れ、手術ばかりではなく切らずに治す治療、胃癌、大腸がん、総胆管結石にたいする内視鏡治療や肝臓癌にたいするラジオ波治療も積極的に行っております。

 

呼吸器
肺,胸膜,胸壁,縦隔,横隔膜の病気を扱っています.具体的には肺癌,気胸,縦隔腫瘍,胸壁腫瘍,胸部外傷などが主な疾患です.近年,胸部CTで小さな病変が発見される機会が増えていますが,これらの病変に対しては美容的な面と術後疼痛軽減,術後呼吸機能温存を目的として積極的に胸腔鏡を使って診断,治療を行っています。

乳腺
乳腺に関する治療対象の大部分は乳癌であり,術後の補助療法や再発に対する治療もデータに基づいて積極的に行っています。

血管
心臓血管外科と協力しあって,腹部大動脈瘤,四肢動脈閉塞性疾患,透析用動静脈シャントなどの手術を行っています。

手術実績等はここをご参照ください。 

特色

当科では『医療は地域住民のもの』という病院のスローガンのもと、スタッフ一同地域医療に邁進しながら、絶えず最新の医療を提供できるよう診断から治療までを一貫して行っており、医師と患者さんとの関わりが長く、深くなるのが特徴です。
消化器外科においては、潰瘍、胆石などの良性疾患の外科的治療はもとより、食道がん、胃がん、結腸がん、直腸がん、肝・胆道・膵がんと消化器がんを中心とした診断および内科的治療から外科的治療までを幅広く行っています。がんの患者さんにおいては術後フォローまで行います。不幸にして切除不能、再発した患者さんには化学療法はもちろん、緩和医療までを行っています。
呼吸器外科では、気胸の手術は胸腔鏡下を基本とし、肺がんの手術においても早期がんで適応を考え胸腔鏡補助下の鏡視下手術も取り入れています。
乳腺外科においてはUS,MMG,マンモトームを用いることにより正確で小さながんの発見に努めています。
また、病気だけを診るのではなく人間全体を診ることに心がけ、患者さん個々の病態、状況を十分考慮し、手術治療だけでなく手術以外の内視鏡的治療やinterventinalな治療なども医師全体で協力して行っています。

スタッフ紹介