診療科紹介 (診療部門)

診療科紹介 (診療部門)

整形外科・リウマチ科

診療内容

イラスト整形外科は運動器の外科です。
骨・関節・筋・腱・末梢神経・脊椎の疾患・外傷を対象としており、病気やケガを治療するだけでなく、運動機能の回復を目的とします。回復が不十分な場合も、残った機能を最大限に活用して、元の状態に出来るだけ近く機能を回復できるようリハビリテーションを行います。
整形外科の治療は手術による場合だけでなく、手術をしない保存的な治療(薬物治療やリハビリテーションなど)もあります。整形外科の手術には、脊椎に対する手術・神経の手術・腱の手術・骨の手術(骨接合術など)・関節の手術(人工関節置換術など)などがあります。切断された指や手足などの再接合術も行います。
リウマチ科は関節リウマチの薬物治療、手術治療を行っています。

特色

当院は日本リウマチ学会教育病院でありリウマチ指導医の在籍する医療機関として、また日本整形外科学会研修施設として、専門医の養成にあたっております。

 当科は常勤整形外科医5人全員が日本整形外科学会専門医であり、また東信地域で最多の3名のリウマチ専門医が在籍しており、充実した診療体制となっております。
これまで、変形性関節症・関節リウマチに対する人工関節置換術を行ってきました。手術後10年から15年以上の経過で再置換術が必要となる患者さんが増加する時期となり、積極的に再置換術に取り組み安定した治療成績を残しています。薬物治療で症状が改善しない椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの脊椎疾患に対して、積極的に手術治療を行っています。
 2015年度の年間総手術件数は604件にのぼります。
また近年、関節リウマチの新しい治療法として生物学的製剤が臨床応用され、疾患活動性の高い関節リウマチ患者さんの治療に効果を発揮しています。

・手術件数等の統計はここを、ご参照ください。

外来診察

スタッフ紹介