診療科紹介 (診療部門)

診療科紹介 (診療部門)

泌尿器科

診療内容

イラスト

高齢化社会を迎える中で、尿失禁や頻尿、前立腺疾患、尿路がん等で悩まれている方が増加しており、当科でも常勤医1名および信州大学泌尿器科より非常勤医1名を迎え2名の医師で、排尿障害から尿路感染症、尿路悪性腫瘍(がん)など泌尿器科疾患全般にわたって診療しております。

特色

特に、悪性腫瘍(がん)に対する手術では、2002年から低侵襲手術として内視鏡を利用した手術を導入し、適応患者さんには小切開による副腎・腎・前立腺腫瘍(がん)の摘出術を行っております。
膀胱がん患者さんの膀胱摘出後の尿路再建手術においては、患者さんの術後のQuolity of Lifeを考慮し、腹部に集尿具を貼り付けることのない、尿道からの自然排尿が可能な尿路再建術(小腸を利用した新膀胱の造設)も行っております。
また術前に貧血のない患者さんには、術中の自己血輸血を積極的に行い、手術中の循環動態の安定を図るとともに、他人からの輸血を極力行わない手術を心がけています。特に最近急増している前立腺がんの根治手術では、ある程度の出血を伴いますが、自己血輸血により対応しており、安定した手術成績が得られております。
2008年1月から体外衝撃波結石破砕装置も導入され、当院での腎・尿路結石の治療も充実してきました。

手術件数等の統計はここをお参照ください。

スタッフ紹介