診療科紹介 (診療技術部門)

診療科紹介 (診療技術部門)

リハビリテーション科

診療内容

 

トップ1.JPG

当科は、

の3つの部門があります。

当科の行動目標
  • 急性期から在宅ケアまでの一貫したリハビリテーションをめざします。
  • チーム医療の充実を図るためカンファレンスを強化し、クリニカルパスを導入するなど、早期の家庭復帰・社会復帰をめざします。
  • 障害を持っても生き生きと、暮らし慣れた地域の中で生活できるよう、退院前訪問指導や関連機関との連携を充実させます。
  • 診療・教育・研究の3本柱の確立をめざします。

特色

施設基準
  • 脳血管疾患リハビリテーション I
  • 運動器疾患リハビリテーション I
  • 呼吸器疾患リハビリテーション I
理学療法(Physical Therapy:PT)とは

何らかの疾病、傷害などに起因する機能・形態傷害に対し、検査、測定/評価に基づき、運動療法や物理療法によって改善を図る治療科学です。また能力障害が残ったとき、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導、そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケアなどが含まれます。近年では、生活習慣病の予防、コントロール、障害予防も理学療法の対象になっています。 

理学1.jpg
当院における取扱疾患
PT.jpg

理学療法は、入院患者さんの約6割に処方されており、外来診療も行っています。院内で行われている糖尿病教室で講義や運動指導を行ったり、小諸市に週一回理学療法士が派遣され、介護予防事業や訪問指導に取り組んだりしています。
JA佐久浅間に理学療法士が一名出向しており、介護保健施設を回り介護技術指導や運動指導を行っています。

作業療法(Occupational Therapy:OT)とは

作業療法は、体と心のリハビリテーションです。主に作業活動を使って、障害を持った方や障害をもった子どもが社会の中で生活していくために必要な練習や訓練を行います。作業療法で使う作業活動の作業とは、日常生活のあらゆる動作のことで、食事・排泄などの身の回りの動作から仕事・遊び・趣味・運動など人が行う動作すべてを指します。 

作業1.JPG
当院における取扱疾患

 

OT.jpg

当院で行っている作業療法は主に体に障害を持ってしまった方に対する作業療法を行っています。体の機能が良くなるように促すとともに、身の回りの動作ができるように練習をしたり、趣味活動ができなくなってしまった場合には趣味活動が再びできるように練習をしたり、仕事に復帰する前には仕事に関する練習などをしたりとその方にあった練習を行っています。また、心に障害のある方(うつ病や認知症など)も生活に支障をきたす場合はその方にあった訓練を行います。また練習・訓練でなかなかうまくいかない場合は、手すりをつけるなどの環境を整えるアドアイスや、道具を使ってできることが増えないかなどの検討も行っています。

 

言語聴覚療法(Speech Language and Hearing Therapy:ST)とは

 

言語聴覚療法

言語聴覚療法とは、コミュニケーションや食べることに障害を持つ人々の言語や聴覚、摂食の機能の獲得・回復・維持を支援し、最終的に「QOL(生活の質)」を高めるために行われるリハビリテーションや療育の一領域です。また、機能そのものの獲得や回復が困難な場合には、補助具や代用手段を用いた代償能力獲得のための訓練を行ったり、家庭や学校・職場での社会的不利の軽減を図るため、家族をはじめ周りの人たちへの助言や指導を行うことも含まれます。

 

当院における取扱疾患

 

ST.jpg

言語聴覚療法は、入院、外来への対応を中心に行っています。小児では、言語発達遅滞(言葉の遅れ)、自閉症、構音障害(発音の問題)、成人では、失語症、構音障害、高次脳機能障害など、コミュニケーションに関わる様々な問題に対応しています。その他、摂食・嚥下障害(飲み込みの問題)の評価、治療も行っています。老人保健施設こまくさでのデイケア、入所への対応なども行っています。

 

地域リハビリテーション

当科では1979年から地域でのリハビリテーションに積極的に取り組んでいます。
詳細は地域リハビリテーションのページをご覧ください。

こんな教育を行っています

卒前教育
臨床実習受入状況
(平成25年度実績)
理学療法 4校:7名
作業療法 1校:2名
言語療法 0校:0名
卒後教育

リハ科内では文献抄読・ケーススタディ・テーマを決めた学習などを定期的に行っています。
各種研修会や学会にも積極的に参加しています。

スタッフ紹介

2016年度 病院リハ集合写真.JPG

リハビリテーション専任医
脳血管疾患リハ
運動器疾患リハ
呼吸器疾患リハ

5名
4名
3名
理学療法士 10名
作業療法士 7名
言語聴覚療法士 3名
助手 1名
こまくさケアセンター対応(出向)
理学療法士 6名
作業療法士 6名
JA佐久浅間対応
理学療法士 1名

 

資格等  
福祉住環境コーディネーター(2級) 11名
介護支援専門員 7名
呼吸療法認定士(3学会合同) 2名
認知症ケア専門士 1名
福祉用具プランナー 5名
専門理学療法士(生活環境支援) 1名
ICLS 2名
認定言語聴覚士(摂食・嚥下領域) 1名
認定言語聴覚士(失語・高次脳機能領域) 1名
東北信地域糖尿病療養指導士 2名