診療科紹介 (診療技術部門)

診療科紹介 (診療技術部門)

臨床検査科

業務内容

検査当科では以下の業務を行っております。

  • 生化学検査
  • 血液検査
  • 免疫血清検査
  • 一般検査
  • 輸血検査
  • 生理検査
  • 病理検査
  • 微生物検査
  • 保健予防課と協力して保健予防活動への参加

特色

検査

年間を通じて24時間の救急医療体制に対応し全員で日直、宿直を分担しています。心臓カテーテル、病理解剖は拘束者を置き、機器のトラブル等は緊急連絡網で常に対応できるようにしています。またNSTチーム、積極的に参加し輸血委員会,院内感染対策委員会ではリーダー的役割を果たしています。月一度の検査科学習会の定例化、専門的な症例検討会なども定例化してます。機器の進歩、効率化の中で業務全体を見直しながら他職種との連携を含め、つねに最新の技術と知識を習得し、患者さんの利益になる検査を目指し努力しています。

日本医師会精度管理調査・日本臨床検査技師会精度管理調査・長野県医師会精度管理調査参加し良好な評価が得られ、精度保証施設認定書が日本臨床検査技師会より授与されています。

中央採血コーナー

臨床検査技師2名で担当し日に 130名から150名の採血を行っています。本人の生年月日等を確認後採血します。患者さんの 50~60%は結果待ち・至急です。臨床検査技師が携わることにより、待ち時間の説明や大まかな検査項目の説明ができるようになりました。また必要最低採血量も把握でき、より迅速で、より患者さん側に立った検査データを臨床に返すことができます。

生化学・免疫血清部門

全身の状態把握を含めた肝機能検査・腎機能検査・糖尿病検査・ホルモン検査・腫瘍マーカー・感染症検査等を中心に行っています。自動検体処理装置が生化学分析装置2台・免疫血清分析装置2台により、血糖測定装置・A1C測定装置を配置し、30分から60分報告を目標に日々努力しています。尚JSCC準拠等、標準化対応を済ませています。

血液学部門

各種貧血、白血病、血小板数異常・凝固機能異常・循環器ワーファリゼーションのモニタリング等の検査を中心に行っています。隔週にて信州大学医師による血液専門外来(内科、小児科)があります。

一般検査部門

尿、便、穿刺液(髄液・腹水・胸水・関節液等)などの検査を行っています。 今増えている大腸がん発見の検査の一つである便潜血検査では、威力を発揮しています。

輸血検査部門

輸血に必要な検査(血液型、不規則抗体、交差適合試験など)を行っています。又、輸血用の血液製剤(全血・血小板・血漿など)の補充・払い出し・保管の管理を行っています、輸血用血液の使用時には、血液に放射線照射を行い、GVHD(移植片対宿主病)の予防に努めています。

生理機能検査

心電図・負荷心電図・24時間ホルター心電図(解析含む)・心臓超音波検査・腹部・体表超音波検査・経食道心エコー・トレッドミル負荷試験・脈波(ABI)・心臓カテーテル)検査・脳波等を担当していますo。 24時間ホルター心電図検査:日常生活の心電図を記録することで普通の心電図ではつかまりにくい不整脈や狭心症の発作時の記録等に有用です。ご利用ください。

病理検査部門

病理検査は「病理診断科」部長の下で「組織診断」「細胞診断」「病理解剖」を主な仕事としています。より診断度を高めるために、常に精進の毎日です。

細菌検査部門

病原細菌の原因菌と有効な薬剤を調べて、治療に役立てる検査です。迅速な結果が求められます。ICTの中心技師として、院内感染防止に重要な役目を果たしています。

スタッフ紹介

臨床検査技師 : 16名
資格所持者
心電図
細胞検査士 4名
2級臨床細菌技術認定資格者 1名
国際細胞検査士認定資格者 3名
2級臨床病理技術認定資格者 2名
2級臨床血液技術認定資格者 2名
超音波検査士(消化器) 2名
超音波検査士(乳腺・甲状腺等) 4名
超音波検査士(循環器) 2名