診療科紹介 (診療技術部門)

診療科紹介 (診療技術部門)

臨床工学科

当科の概要

現在の病院には、検査・治療の場に、さまざまな医療機器が導入されています。
その中で、

  • 腎臓の悪い人たちに行う人工透析
  • 呼吸管理に用いる人工呼吸器
  • 心臓の手術の際に用いられる人工心肺
  • 一酸化炭素中毒などの病気に対して行われる高気圧酸素療法

…など、臨床工学科は高度化する医療を支えるために、医療機器を扱う専門集団です。

人工透析部門

イラスト

血液透析・血液濾過透析・血液濾過・持続緩徐式濾過透析・血漿交換・二重濾過血漿交換・血液吸着・ビリルビン,LDL,エンドトキシンなど各種吸着・血球成分除去など、各種血液浄化治療を行っております。

治療時間
  • 月曜・水曜・金曜:(1) 7:30~  (2) 13:00~
  • 火曜・木曜・土曜:(1) 7:30~
特色

透析室 32床 全台が個人用透析装置になっているため、状態に応じた処方透析が行いやすくなっています。家族が仕事へ行く前に送ることができるように、また昼食を家に帰ってから摂ることができるようになどの目的から透析開始時間を早くして対応しています。

 軽井沢から30分~40分の場所に位置するため、夏場などの臨時透析を受け入れております。可能な範囲で臨時透析を受け付けておりますので、旅行などで透析が必要な方は電話で直接透析室(TEL 0267-22-1070(代) 内線337)にお申し込みください。

高気圧酸素療法

 

高気圧酸素治療

高気圧酸素療法は、一酸化炭素中毒、脳梗塞、動脈の断裂または閉塞による末梢循環障害、減圧症、空気塞栓、腸閉塞、突発性難聴、網膜動脈閉塞症、脊髄損傷・・・などに効果的な治療法です。

 

高気圧酸素治療を受ける方へ

高気圧酸素治療は、高い圧力で、濃度の高い酸素を治療に使用するため、時によって耳の痛みが生じたり、静電気などによる発火が大きな事故につながります。そのため、治療を行う患者さんには、次のようなことをお願いしています。

  • 治療にかかる時間は、 1 時間 30 分です。
  • 専用の治療着と綿 100 %の下着で治療を受けていただきます。
  • マッチ、ライター、カイロ、ホカロン、メガネ、補聴器、入れ歯、時計、カツラ、ヘアーピンなど発火の原因になるものは、装置内に持ち込むことができません。
  • 治療が始まると耳に圧迫感を生じ、耳がツーンとなって、そのままでいると耳が痛くなることがあります。
    そのため、つばを飲んだり、あくびをしたり、鼻をつまんで鼻をかむ動作を耳に圧迫感を自覚するたびに行っていただきます。
  • ペースメーカーを使用している方は、前もって医師や看護師に申し出てください。

スタッフ紹介