診療科紹介 (診療技術部門)

診療科紹介 (診療技術部門)

薬剤科

業務内容

調剤

当科は、薬のスペシャリストとして、外来、入院に関する薬の適正使用が行われるよう、チーム医療の一員として貢献することを目指しています。

外来・入院の処方監査と調剤

調剤オーダリングシステムにより、外来や病棟で医師が処方した薬の内容が薬剤科に送信されるので待ち時間が短縮されます。
院外処方の場合は、処方内容が適正であるか監査した後、患者さんに処方箋をお渡しします。
院内処方の場合は、処方箋の他に薬袋と薬の説明書を印字し、適正使用のための処方内容監査を行った後、処方通りに調剤し、薬を患者さんにお渡しします。
入院処方の場合は、処方箋を印字し、適正使用のための処方内容監査を行った後、処方通りに調剤し、各病棟に薬が運ばれ患者さんに渡されます。

注射剤のミキシング(混注)

入院患者さんに投与される注射剤については原則薬剤科にある無菌室にて薬剤師と看護師が協力してそれぞれの患者さんの使用する時間に合わせて調整しています。また、食事が摂れない患者さんの栄養補給のための点滴は無菌室内のクリーンベンチという装置を用いてより安全に調整しています。

抗がん剤の調整、監査、副作用チェック

抗がん剤に関しては薬剤師がそれぞれの患者さんに対し適切な量が適切な期間投与されているか監査し、無菌室内にある安全キャビネットで調整しています。また副作用の予防や対策に関してもアドバイスしています。

医薬品情報管理

数多くある薬の効果や副作用などの情報を収集・管理し、病院スタッフや患者さんに提供しています。 製剤市販されていない特殊な薬や消毒薬などを、調整・滅菌しています。

薬剤管理指導業務

病棟服薬指導と言った方がわかりやすいかもしれませんが、入院患者さんに対して、薬ののみ方・使い方・薬効や副作用の説明の他に、薬ののみ合わせや薬の重複のチェックを行っており、副作用の防止・早期発見等に努めています。また、入院患者さんが薬について知りたいこと、不安に思っていること、困っていること等を話していただき、安心して内服・使用していただけるよう心がけています。

TDM(薬物血中モニタリング)

有効量と中毒量の差が小さく、コントロールが難しい薬について、その血中濃度を測定し、その測定結果をもとに、その後の用量・用法のアドバイスをしています。

患者さんへ ~お薬に関する大事なお話~

後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご存じですか?

後発医薬品とは、先発医薬品(わが国で最初に承認を受けた医薬品)の特許が切れた後に作られた、先発医薬品と同じ主成分を持つお薬です。新しいお薬を開発するのに必要なコストがかかっていないため、先発医薬品よりも価格が安くなっています。後発医薬品は厚生労働省の定めた生物学的同等性試験をクリアし有効性や安全性が先発医薬品と同程度であることが認められています。しかし、先発医薬品と後発医薬品は全く同じお薬ではないため患者様の病状などによっては使用できないこともあります。ご使用を希望される患者様は一度主治医に相談してみてください。

院外処方箋の発行にご協力ください。

医師・歯科医師が処方箋を発行し、薬剤師が監査を行ってから調剤するという医薬分業は、重複投与や好ましくない相互作用の回避など、より安全で安心な医療の提供のための大事な仕組みです。そのため当院でも外来患者様は原則院外処方とさせていただいています。お会計がお済になりましたら領収書の横についている処方箋の引換え券を薬剤科にお持ちください。引換え券と交換で院外処方箋をお渡しいたします。
処方箋をお持ちいただく薬局は、保険調剤、基準薬局、処方箋受付などの表示がある薬局であればどこでもかまいません。また薬剤科前にファックスコーナーがございます。処方箋をファックスにて薬局へ送っておくと待ち時間が短縮されます。ご利用ください。なお、院外処方箋の有効期限は発効日を含めて4日間となっています。4日以内に調剤薬局に提出いただくようお願い致します。

かかりつけ薬局を決めましょう!

いつも利用する薬局をかかりつけ薬局として決めておくと大変便利です。かかりつけ薬局があれば複数の医療機関にかかっていても、同じお薬が処方されていればすぐにわかりますし、好ましくない飲み合わせも発見できます。また、かかりつけ薬局では患者様の服用歴だけでなく体に合わなかったお薬やアレルギー歴などもしっかり記録しており、より安全で効果的にお薬を使っていただく手助けになります。さらに病院からのお薬だけでなく、市販のお薬や健康食品などについても親身に相談にのってもらえます。かかりつけ薬局はお住まいの近くであるとか信頼できる薬剤師がいるなど患者様にとって一番都合のいい薬局でかまいません。ぜひ、お薬の専門家としてだけでなく身近な健康の相談役としてもかかりつけ薬局をご利用ください。

お薬手帳はお持ちですか?

 

お薬手帳

お薬手帳には患者様のお薬に関する様々な情報が記載されます。お薬手帳を見ることで医師・歯科医師、または薬剤師は患者様がどのようなお薬を、どの位の期間、どのくらいの量を服用されていたかや副作用歴やアレルギーの有無など正確に把握することができます。それによって重複投与や好ましくない相互作用を避けることができるだけでなく、よりよい治療を選択するきっかけになることもあります。
また急に体調が悪くなった時や旅行中で普段と違う医療機関にかかる時などの緊急の場合もお薬手帳が患者様のご病状を知る大事な手がかりになることがあります。
さらに災害時などの避難生活中に普段飲んでいるお薬がなくなっても医療救護施設の医師にお薬手帳を見せることによって、災害前と同じ治療を受けることができます。
お薬手帳はかかりつけの薬局でもらうことができます。まだお持ちで無い方は、ぜひお薬手帳を入手し、医療機関にかかるときや薬局で市販のお薬を買うときなどに活用してください!
お薬手帳にかかるお金は0円のところもありますが、新しく発行する時に10円から20円程度かかるところが多いようです。調剤薬局に直接問い合わせください。

 

スタッフ紹介

  • 薬剤師 12名
  • 助手  1名