診療科紹介 (診療技術部門)

診療科紹介 (診療技術部門)

診療放射線科

当科の概要

 

イラスト

X線撮影(レントゲン)をはじめとした放射線を、医師の指示のもと病院や検診など医療の現場で取扱うのが診療放射線技師です。また、ラジオアイソトープという放射線物質を体内に注入し、その分布や動きを撮影して画像化するラジオアイソトープ検査や悪性腫瘍(がん)の放射線治療にあたります。さらに、放射線を利用しないMRIや超音波検査装置なども扱っています。

 

放射線は医療に大変役立つ一方、取扱を間違えると危険なものです。患者さんがあびた放射線の管理はもちろん、技師やほかのスタッフの被曝を最小限にすること、事故を起こさないための機器点検など、きちんと管理することも大切な仕事です。

主な画像診断装置の紹介

CT MDCT/SDCT装置
従来のCTより高速で高画質の画像が得られます。年間に、およそ12000件の検査を行っています。また、人間ドックで胸部検診も行っています。
3D血管撮影装置 3D血管撮影装置
主に血管を撮影します。装置が回転することにより立体画像を作成することも可能です。年間に、およそ500件の検査を行っています。
超音波装置 デジタル超音波装置
人体に無害な超音波を利用して,断層像を表示します。血液の流れや強さをカラー表示することも可能です。年間に、およそ7000件の検査を行っています。
デジタルX線TV装置 デジタルX線TV装置
透視機能を持つ装置で,おもに胃や大腸の造影検査を行います。また,整形領域や消化器領域の検査も行います。年間に、およそ3000件の検査を行っています。
ワークステーション ワークステーション
CT、MR、血管撮影装置などの画像を立体表示したり、様々な計測、解析をするコンピュータです。
CR装置 CR装置
コンピューテッドラジオグラフィといいます。当院ではほとんどのX線撮影がこの方式になっています。年間に、およそ50000枚の写真を撮影しています。
MRI装置 MRI装置
磁気と電磁波を利用して画像を作成します。放射線を使用しません。検査室内には強い磁場が発生しており,体内に金属の入っている方や心臓ペースメーカーを使用している方は原則として利用できません。年間に、およそ3000件の検査を行っています。
骨密度測定装置 骨密度測定装置
骨の密度を測定し、骨粗しょう症の検査に利用します。年間800名程度検査を行なっています。人間ドックのオプションでも使用されています
歯科用撮影装置 歯科用撮影装置
歯のパノラマ撮影など、歯科口腔外科の特殊撮影に利用します。
デジタル乳房撮影装置 デジタル乳房撮影装置
乳房の組織を撮影します。フラットパネル搭載型デジタルフルマンモグラフィー撮影装置を使用しているため、今までより微細な病変が摘出できるようになりました。また、マンモトームという乳腺の細胞診断も行っています。
ガンマカメラ装置 ガンマカメラ装置
微量のRI(放射性同位元素)を体内に投与し,その動きを画像にします。さまざまな解析が可能です。年間に、およそ1000件の検査を行っています。
設備規模
一般撮影(FCR) 4台 超音波装置 4台
乳房撮影 1台 ポータブル撮影装置 3台
CT(MDCT/SDCT) 各1台 外科用イメージ 1台
MR 1台 血液照射装置 1台
デジタルX線TV 1台 血管撮影 1台
RI 1台 歯科撮影装置
(デンタル/パノラマ/セファロ)
各1台

受診されるみなさまへ

よりよい検査のためにご協力をお願いします。

X線撮影

 

X線撮影


胸部X線撮影にはブラジャーやボタン、ジッパーなど金属の影だけでなく、湿布や髪の毛さえも写真に写ります。病気による影とまぎらわしく,正しい診断のさまたげになりますので,胸部撮影の際は湿布を剥いだり、長い髪はあげていただきます。お手数ですが協力をお願いいたします。

 

MR

MR検査の際、エレキバンやカイロが体についていると、ヤケドを起こす可能性があり、大変危険です。検査前に担当者が金属探知機でチェックしますが、検査当日は外してからお越しください。時計やネックレス、ヘアピンなども同様です。

RI

RI(核医学)検査に使用する薬品(アイソトープ)は当日しか使用できないため、検査日の朝に製薬会社から届きます。検査予定の方がお見えにならないとその薬品は使用できなくなってしまいます。そのため、検査前日に確認の電話を入れさせていただいております。また、ご都合の悪くなった場合、体調の悪いときなどは、RI室または受診科まで時間を問わずご連絡ください。

CT

造影CT検査を受けられる方には、造影剤の副作用が発生した際の嘔吐による誤えんを防ぐためお食事を止めさせていただいております。また、腹部の検査では造影しない場合も、詳しく調べることができるよう、お食事を止めさせていただいております。

スタッフ紹介

当部門のスタッフは、多くの国家資格・認定資格を持っており、専門化する医療に対応しています。