看護部

看護部

看護部教育プログラム

経年別コース

教育
コース
対象到達目標集合教育
1年目
コース
卒後
1年目
1.基本的な知識・技術を身につけ、指導を受けながら正確で安全な看護実践ができる。
2.社会人・組織人としての自覚を持つ。
1.新採用職員研修
2.基礎看護技術研修
3.3ヶ月フォローアップ研修
4.救急看護基礎研修
5.安全研修
6.ナラティブ発表会

ほか

2年目
コース
卒後
2年目
1.個別性をふまえた問題解決・看護実践ができる。
2.自ら自立し、看護について責任を持つことができる。
3.リーダーの役割を理解し、メンバーとして積極的に協力できる。
1.リーダー基礎研修
2.救急看護研修
3.看護倫理研修
4.院内留学
(未経験の看護技術や看護を体験する)
看護研究
コース
卒後
3年目
1.問題に気づき、科学的・理論的に発展させ、看護実践に役立てることができる。 講義・グループワーク
1.看護研究に取り組もう
  (テーマの見つけ方・文献検索)
2.看護計画書の書き方
3.統計学について
4.論文の書き方
5.プレゼンテーション方法
介護コース 老健
職員
1.専門職としての知識・技術を深め、質の高いケアをめざす。 3グループに分かれて研修
・認知症ケア
・介護技術
・終末期ケア

専門コース

教育
コース
対象 到達目標 集合教育
リーダー
シップ
研修
4年目
以上
1.日常の看護業務の中でリーダーシップを取ることができる。  1.リーダー研修
2.看護理論
3.看護倫理
プリセプター
研修
3年目
以上
1.看護実践において、役割モデルとなることができる。
2.プリセプターシップを理解できる。
3.プリセプターの役割を取ることができる。
1.プリセプター研修
看護記録 全職員  1.患者・患者問題が見える記録。
2.記載基準に沿った記録ができる。
1.看護記録講演会
救急看護 BLS研修
修了者
二次救命処置の流れが理解でき実践できる。
1.VT,VF波形の治療と方法がわかる。
2.確実な気道確保と、有効な胸骨圧迫ができる。
3.安全な除細動ができる。
4.薬剤の使用方法がわかり、適切に使用できる。
5.チーム蘇生の大切さが理解できる。
1.ICLS研修
退院調整 全職員 1.入院からどのようにアセスメントをし、退院調整をするのかを学ぶ。
2.対象患者、家族のニーズを把握し、アセスメント能力を養う。
1.基礎
2.応用
ポジショニング研修 全職員 1.日常生活動作に合わせた介助方法から、現場に活かせるような内容で実践する。 1.ポジショニング研修
固定
チーム
全職員  1.各個人が自己の役割を自覚し、役割実現できる。 1.研修会
看護研究 全職員 1.量的・質的データの分析方法を学ぶ。
2.論文のまとめ方を学ぶ。
3.計画書・論文に対してアドバイスができる。
1.看護研究講演会
災害看護 全職員 1.災害医療・災害看護に関する基礎的知識技術を学ぶ。 1.講演会
認知症ケア 全職員 1.認知症高齢者のケアのあり方を学ぶ。 1.講演会
2.検討会
管理者コース 師長
主任
管理に必要な知識・技術・態度を習得する。 1.看護管理研修

 

当院の看護師卒後教育について紹介されています!

看護師と看護学生のための就職情報サイト、Median-net(メディアンネット)で当院の看護師卒後教育について紹介されております。どうぞご覧ください。

http://hospital.median-net.jp/feature/case03/case03.html