臨床研修医

臨床研修医

内科

内科の研修内容

  • 患者さんを全身的かつ全人的に診療できるようにしていただく。
  • 基本的な内科診療に関する知識、手技、研修態度を修得していただく。
  • 臨床の中核をなす内科を研修することにより内科的な考え方、対応力を身につけていただく。
特有の研修内容

当院の特徴としては、数多くの common disease の診療から24時間365日の2次救急まで幅広い業務を持っていることがあげられます。したがって現場密着型の実地研修が多く、患者さんと直に接する機会が豊富にあります。当院は少数の研修医を病院全体で支えていく体制をとっていきますので、内科スタッフも全員で研修医を育てていきたいと考えています。また、3年目以降も当院内科に残留する希望が有ればそれに沿うかたちで、より高度な研修(内視鏡、血管造影など)も行うことが可能です。また、各種学会の教育関連施設になっており、その場合、当院で内科臨床医として経験を積み重ね、内科認定医、専門医になる道も開かれています。

プライマリケアとの関連

幅広い現場活動があります。病院内だけでなく病院外でも訪問診療等を行っています。同じ疾患でも患者さんによって、家族によって医療者に求めるものが異なります。そのときに必要なのは相手への配慮と内科的な対応力だと思います。これは、現場をとおして一つ一つ経験を積んで行くしかないものです。当院はその機会を十分に提供できます。
第一線の臨床医として日本全国どこへ行っても通用するように、将来は指導的な立場にたてるような期待を込めて研修医を育てて行きたいと思います。