臨床研修医

臨床研修医

小児科

小児科の研修内容

一般小児科医が扱う小児の疾患の多くは急性期疾患です。全研修期間を通じて当院では以下の疾患について実際に患者さんと向き合って研修していただきます。

  1. 感染症: 小児期感染症を診断する場合大切なことは流行性です。症状と流行とを考慮した診断を中心に研修します。
  2. 痙攣性疾患: 小児期の痙攣の診断と治療を研修します。
  3. アレルギー疾患: 主に小児気管支喘息の治療を中心に研修していただきます。
  4. 新生児医療: 周産期を含め新生児の1次救急医療を習得していただきます。
特有の研修内容

専門医ではなく医師としてグローバルな医療を習得する分野で必要とされる小児医療の知識と技術を現場に出て実践していただき習得することを目標といたします。