臨床研修医

臨床研修医

産婦人科

産婦人科の研修内容

特有の研修内容

・妊産褥婦と産褥期の管理ならびに新生児の医療に必要な基礎的知識を研修する

妊娠分娩と産褥期の管理ならびに新生児の医療に必要な基礎知識とともに、育児に必要な母性とその育成を学びます。また妊産褥婦に対する投薬の問題、治療や検査をする上での制限等についての特殊性を理解することは全ての医師に必要不可欠なものです。
具体的には、妊婦健診、産後健診につき理解を深め、入院患者の診療、分娩(帝王切開を含む)の現場を経験し学んでいただきます。

・女性特有の疾患による救急医療を研修する

卒後研修の目標の一つに「緊急を要する病気を持つ患者さんの初期治療に関する臨床能力を身につける」とあり、女性特有の疾患に基づく救急医療を研修する必要があります。これらを的確に鑑別し初期治療を行うための研修を行います。
具体的には、主に当院救急外来における急患の診療を指導医とともに行います。その後はできる限り主治医として診療にあたります。

・女性特有のプライマリケアを研修する

思春期、性成熟期、更年期の生理的・肉体的・精神的変化は女性特有のものです。女性の加齢と性周期に伴うホルモン環境の変化を理解するとともに、諸々の疾患に関する系統的診断と治療を研修します。

具体的には婦人科外来での診療に理解を深めたうえで、婦人科疾患の手術の助手を経験し、解剖学的知識を深めかつ外科的手技の向上をはかります。また入院患者の術前後管理が確実かつ円滑に行えるようにします。