臨床研修医

臨床研修医

脳神経外科

脳神経外科の研修内容

急性期および慢性期の脳神経外科疾患全般、特に、脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍等につき、患者さん、ご家族との良好な人間関係を保ちながら、診断、処置、治療を行います。その後も適切なコミュニケーションをとり、患者さん、ご家族のニーズを把握し、生活指導をするとともに心理的側面の把握と指導ができ、また、患者さんのプライバシーに配慮し、病状や治療内容について充分な説明を行うことができる様にします。このような臨床医としての基本的な診療対応を脳神経外科研修のなかで再確認します。
その上で、脳神経外科特有のプライマリケア、後遺症に対するリハビリテーション、診断および治療方針に有益な情報を提供してくれる神経放射線検査、患者介護の一側面である在宅医療について症例を通して研修します。
脳神経外科特有の症例に慣れることを主眼に置きますが、研修期間中、可能な限り脳神経外科疾患に対する基本的な知識および手技を習得します。
具体的には、

  • 脳脊髄の解剖と生理を理解する。
  • 意識レベルの評価ができ、神経学的所見がとれるようにする。
  • 血液ガス所見および髄液所見を理解する。
  • 頭部、脊椎単純 X線写真および、脳、脊髄のCT、MRI、SPECT、DSAの読影ができることを目標とする。

基本的治療法および手技では、

  • 機能性慢性頭痛の鑑別診断と治療。
  • 脳腫瘍、脳卒中急性期、髄膜炎等に伴う頭蓋内圧亢進症状および髄膜刺激症状に対する治療対応。
  • 痙攣発作に対する初期治療および原因精査。
  • 腰椎穿刺による髄液採取。
  • 末梢血管の確保および中心静脈カテーテルの挿入留置。
  • Aラインの確保および動脈血採取。
  • 気管内挿管の習熟。
  • 頭部、顔面の創部縫合処置。

そして、脳外科手術の助手ができることを到達目標とします。

研修期間は短く、研修内容は豊富であるため、研修目標の全達成は、極めて困難とは思われますが、指導医は研修医の努力に報いるよう目標達成を援助します。指導医と共にひとりひとりの患者さんを大切に扱いながら診断、処置、治療していくことで脳神経外科疾患全般の知識、手技および基本的治療を習得できれば、当科での研修は十分と考えています。