臨床研修医

臨床研修医

整形外科

整形外科の研修内容

特有の研修内容

運動器疾患・外傷の診察、治療

プライマリケアとの関連

一般臨床/他科専門医として必要とされる運動器疾患・外傷の診察と、運動器外傷の初期治療ができる

基本的知識の習得
★整形外科疾患の診察ができる
  • 神経学的所見がとれる
    (筋力、知覚、反射)
  • 関節の所見がとれる
    (関節腫脹・水腫の有無の判断ができる、関節可動域を正しく計測できる、膝関節穿刺ができる)
  • 単純Xpの読影ができる
★整形外科外傷の初期診断・治療ができる
  • 清潔操作ができる
  • 脱臼の診断ができる
    (肩関節脱臼の整復ができる)
  • 肘内障の診断・整復ができる
  • 骨折の診断・処置ができる
    (合併損傷:神経・血管損傷の有無が判断できる、適切な肢位で外固定:シーネ固定ができる。下肢骨折の牽引ができる:介達牽引・直達牽引)
  • 開放創
    (適切な創の処置ができる、適切に局所麻酔ができる、汚染された創の洗浄、デブリドマンができる、神経損傷・腱損傷の有無が判断できる、皮膚縫合法を実施できる)
  • 消炎鎮痛薬(内服・坐剤・パップ剤他)、抗生物質を適切に処方できる