臨床研修医

臨床研修医

病理診断科

病理診断科の研修内容

特有の研修内容

病理組織診断や細胞診を必要とする全ての医師が必要であります。診断を依頼する検体の取り扱いや提出方法について具体的な知識を習得します。また、診断結果がどのような過程を経て臨床医へ返却されるのかを知り、将来これらの検査を依頼する際に役に立てます。
亡くなった患者さんの剖検の介助を行い、主治医としてではなく病理解剖をする側に立った視点を身につけていただきます。

プライマリケアとの関連

病理組織検査や細胞診という検査方法の適用範囲や限界を知り、必要な患者さんについてはこれらの検査を適切に行うことができるようにするとともに、不必要な検査を行わないで済むよう留意する。また、自宅死亡等の場合を含め、異状死体か否かを適切に判断できるようにします。

基本的知識の習得

各種材料の提出時の注意点(固定液濃度、固定液量、材料採取から固定までの時間など)、依頼書の記入方法(必要事項を確実に記載すること)、検体と依頼書の受付、提出材料の切り出し・包埋、包埋材料の薄切・染色、特殊染色・免疫染色の選択、外注検査への対応、消化管内視鏡検査材料の診断、病理解剖と遺族への配慮、剖検診断などについて習得していただきます。