臨床研修医

臨床研修医

各科後期研修内容

内科 後期研修の目的と内容

地域の基幹病院として一次医療を担っている病院であり、プライマリケアの観点から様々な症例の経験が可能で、内科医を目指す医師に対して最低3年間の後期研修医コースを設ける。このコースを選択した医師は内科総合医としても専門科医としても基礎となる内科学全般の能力を身につけ、さらに希望の専門科(循環器科、呼吸器科、神経内科、消化器内科など)へつなぐための判断力を身につけることができる。

後期研修全般

指導医のもとでさらに医学的知識を高めることと、患者の状態、社会的背景を考慮した治療計画をたて説明を行なうことができる様にする。また、コメディカルと協調したチーム医療をしっかり行なえるようにする。

後期研修1~3年

初期研修で取得した知識を生かし、内科各分野の外来、病棟業務をローテート研修し、総合力をつけ、内科医としての基礎である認定内科医の取得を目指す。
「認定医制度研修カリキュラム」一般と12の専門領域に分かれた項目に従い研修し、偏りのない症例経験をするが、必要な場合には信州大学をはじめとした関連教育施設と連携し、充実した研修を行する。

後期研修3年目以降

希望分野の専門性をさらに深め、専門医を取得するための研修は各専門科研修期間、症例数に応じて研修を行ない、経験例や数が足りない場合には信州大学をはじめてとした関連医療機関と連携し研修する。

外科 後期研修の目的と内容

地域の基幹病院として一次医療を担っている病院である。プライマリケアの観点から様々な症例の経験が可能で、外科医を目指す医師に対して最低3年間の後期研修医コースを設ける。このコースを選択した医師は外科総合医としても専門医としても基礎となる外科学全般の能力を身につけ、さらに専門科(消化器外科、呼吸器外科、胸部外科など)へつなぐための判断力を修得することができる。

後期研修全般

指導医のもとでさらに医学的知識を高めることと、患者の状態、社会的背景を考慮した治療計画をたて説明を行なうことができる様にする。また、コメディカルと協調したチーム医療をしっかり行なえるようにする。

後期研修1~3年
  • 初期研修で取得した知識を生かし、外科分野の基礎的診察、診断、治療法を外来、病棟業務をローテート研修し、総合力を身につけ、外科医としての基礎である外科専門医の取得を目指す。
  •  「外科専門医修練カリキュラム」に従い研修し、偏りのない症例経験をするが、必要な場合には信州大学をはじめとした関連教育施設と連携し、充実した研修をする。
  • 指導医のもとで術者、助手として手術を行なう(年間約150~200例)。
  • ソケイヘルニア術、胃切除・全摘術、虫垂切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、上行・S状結腸切除術などの経験をする。
後期研修3年目以降

希望分野の専門性を深め、専門医を取得するための研修は各専門科研修期間、症例数に応じて研修を行ない、経験例や数が足りない場合には信州大学をはじめてとした関連医療機関と連携し研修する。

脳神経外科 後期研修の目的と内容

脳神経外科専門医を目指す医師に対して3年間の後期研修医コースを設ける。このコースを選択した医師は脳神経外科の専門医として基礎となる脳神経外科全般の能力を身につけることを目標とする。脳神経外科専門医取得は卒業後7年目に受験資格が得られるが、脳神経外科全般にわたり偏りのない症例(脳腫瘍、脳血管障害、外傷、小児脳外科、脊髄外科、血管外科、機能的外科)を経験することが必要なので信州大学脳神経外科またはその関連施設と協力し充実した研修内容をおこなう予定である。

後期研修1~2年目
  • 初期研修で取得した知識を生かし、脳神経外科の基礎的診察・診断・治療法を身につける。
    (入院患者に対する周術期の管理,神経学的診断・画像診断,補助的検査手技,基本的手術手技)
  • 指導医のもとで術者として手術(年間約50~60例)を行う。
    (水頭症に対するドレナージ術・シャント術,頭蓋内圧モニター設置術,慢性硬膜下血腫に対する穿頭洗浄術,急性硬膜外・下血腫除去術,開頭減圧術,血管撮影)
  • 指導医のもとで助手として手術を行い顕微鏡操作に習熟する(年間約40~50例)。
    (脳腫瘍摘出術,脳動脈瘤手術,脳動静脈奇形手術,脳膿瘍・感染症手術,機能的脳神経外科手術[三叉神経,顔面けいれん],脳血行再建術)
  • 研究会,学会発表を初年度より積極的に行えるように支援する。
後期研修3年目以降
  • 患者の状態 社会的背景を考慮し治療計画をたて説明をおこなうことができるようにする。
  • コメディカルと協調し、チーム医療がしっかり行えるようにする。
  • 指導医のもとで術者として手術を行う。
    (脳内血腫除去術,比較的容易な脳動脈瘤手術,比較的容易な脳腫瘍摘出術)
  • 4年目以降または3年目後半期より大学関連で(1~2年間)研修を行えるように配慮する。
    この間の研修内容は血管内治療,小児疾患,脊髄疾患,複雑な病変に対する脳神経外科治療である。
  • 専門医取得後は、海外留学、大学院進学等の希望があれば大学と協力の上、研修を進めることが可能である。
  • 現在、当院の脳神経外科スタッフは全員専門医である。また、脳卒中専門医訓練施設にも指定されているので、脳卒中専門医の取得も可能である。
まとめ

脳神経外科専門医への道は長く厳しいものであるが、志を同じくするものとして歓迎し最大限のサポートをする。また、専門医取得は一つの到達点であるが、その後の専門医としての出発点に過ぎないことも事実である。脳神経外科医として、充実した一生を送るためには、学問的基盤は必要であり、人的交流も重要である。そのためにも、大学での研修、研究などがあることを理解してもらいたい。

家庭医療専門医養成コースの目的

病院の基本理念である「医療は住民のもの」をモットーに、限られた地域のリソースを最大限活用し、他職種連携の中で包括的に保健・医療・福祉を考え携わることのできる医師の養成を目指します。日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医、及び日本内科学会認定内科医を取得することが可能です。 

プログラム責任者が産婦人科専門医であり、帝王切開を含む分娩管理及びウイメンズ・ヘルスケアに特化した総合診療医、家庭医を目標とすることができるのもこのコースの最大の特徴です。